問い合わせ

FAS協会 

037189

Yesterday: 6 Today: 5 更新日: 2024 46

FAS協会は、1944年、久松真一博士を中心に京都大学の中に発足した「学道道場」が母体です。学問と修行の一致(学行一如)をめざします。

FAS協会の活動の中心は平常道場です。これは「座禅と論究」の場です。どなたでも好きなときに参加できます。(左の「活動」をクリックしてください)


平常道場論究・座禅案内
  毎月第一土曜日午後2時-‐6時

お知らせ

(2024/4/6)

五月の別時学道のご案内

日時 五月三日(金)十三時半〜五日(日)十六時(総会・十六時より)
場所 相国寺山内 林光院
 
第一日 五月三日(金) 実究・坐禅 十三時半〜十四時 発題『自己はなぜ変化しないのかー久松真一「救済の論理」をめぐって』十四時〜十六時 渡部峻亘氏

第二日 五月四日(土) 実究・坐禅 十三時半〜十四時 発題『無常・無我なる私について』十四時〜十六時 大藪利男氏

第三日 五月五日(日) 実究・坐禅 十三時半〜十四時 発題『価値観を問う』十四時〜十六時 山田慎二氏
総会 十六時〜十六時半

参加費 無料

 別時学道では、実究として五時から暁天坐禅(三日は除く)、九時から十二時まで坐禅、十八時から二十一時まで坐禅を行います。参加は自由です。宿泊希望の場
合は寝袋等を準備して参加してください。不明な点がありましたら事務所宛連絡をして下さい。

 

(2024/03/26)

久松先生との対談を「覚の宗教」(春秋社、初版1980年、増補版1986年)としてまとめられたプロテスタント神学者、八木誠一先生が保存されていた録音テープが、先日Youtubeで限定公開(URLを知っている人だけがアクセスできる公開方法)されました。この掲載を実現なさった武蔵野大学の小西達也先生が、FASのウェブサイトでのリンク(URL)掲載を申し出てくださいました。

久松真一・八木誠一「覚の宗教」音声版

Interviews with an Awakened Japanese Zen philosopher Shin'ichi Hisamatsu

Hisamatsu.Zen.Philosophy
 

1a. 中世から後近代へ(From the Middle Ages to the Post-Modern Age-No.1

https://youtu.be/o1VB9O3Bhk0

1b. 中世から後近代へ(From the Middle Ages to the Post-Modern Age-No.2

https://youtu.be/3c5mi6f1Keg

2a. 覚と信仰(Awakening (Enlightenment) and Faith-No.1

https://youtu.be/hg52_aPT8P4

2b. 覚と信仰(Awakening (Enlightenment) and Faith-No.2

https://youtu.be/lX_TPDlT3JY

3. 覚と言葉 Awakening and Language

https://youtu.be/bOG7zouU66I

4a. 価値の根源と価値の創造(The Source and Creation of Values-No.1

https://youtu.be/wYbBUkhKCdM

4b. 価値の根源と価値の創造(The Source and Creation of Values-No.2

https://youtu.be/kEXYo4tzZbQ

 

Youtube画面の下の、タイトル下部の概要覧(グレー網掛け部分)の「もっと見る」をクリック頂くと、久松先生と本録音の概要が表示されます。)

***********

 

小生、武蔵野大学の小西達也と申します。小生、専門は終末期医療の心のケアとして知られる「スピリチュアルケア」でございますが、同時に久松真一等の哲学にも関心を持っております。実は小生、久松真一先生と対談を重ねられ、それを「覚の宗教」(春秋社、初版1980年、増補版1986年)としてまとめられたプロテスタント神学者、八木誠一先生(御年92歳)とご縁を頂いており、その関係で八木先生が長年保存されていた、その久松先生との対談「覚の宗教」の録音データをYoutubeで公開するプロジェクトを、個人的にお手伝いさせて頂いてまいりました。

 

久松先生の肉声データは、極めて貴重であり、しかもこの八木先生との対談は、久松先生の思想の核心部が非常にクリアに表現されている、歴史的にも大変価値のあるものであると考え、八木誠一先生、その研究会「省察と瞑想の会」の事務局の柳下修先生、久松真一先生の著作権継承者の久松定昭様、そして春秋社様ともご相談申し上げ、Youtubeで公開し、久松先生にご関心ある皆さまにお役に立つ形に致しましょう、となった次第です。

 

是非お聴き頂ければ幸いです。

またもしご関心をお持ちになりそうな方をご存じでしたら、ご自由に転送下さい。

 

内容は書籍版の久松真一・八木誠一「覚の宗教<増補版>」(春秋社、1986年)にほぼ対応しておりますが、その最初の「禅とキリスト教無相の自己と殺仏殺神」は八木先生ご自身による録音でないため録音データが保存されておらず、「久松真一の中心的立場を語る 阿部正雄・八木誠一」も含まれておりません。またカセットテープにて40年近く保存されていたため、一部、音に乱れがございます。ピッチ(音の高低)に関しましては八木先生にもご確認頂きましたが、カセットレコーダーの機材による微妙な回転数の違いから、必ずしも厳密に正確なものとはなっておりませんので、何卒ご了承下さいませ。

 

(2022/12/27
機関紙『風信』63号から86号の目次のみ掲載しました。

 

 

 

 

(16/3/26)
異なるブラウザ環境・設定に対応するため、問合せ方法を変更しました。右上の「問い合わせ」をクリックするとフォームが開きますので、お問い合わせ内容とメールアドレスを記入して送信してください。

 

         
(10/4/18

機関紙『風信』61号を新たに掲載しました。

(10/3/29
機関紙『風信』59号と60号を新たに掲載しました。

09/5/17
久松真一著作集から「学究生活の思い出」「学究生活以後」「略年譜」の常盤義伸氏による改訂英訳を新たに掲載しました。

·         "Memoirs of His Academic Life", "After the Academic Life" and "His Brief Chronological Record"

08/1/4
今回久松真一著作集から、常盤義伸氏による改訂英語翻訳5点を掲載しました。

HISAMATSU SHIN'ICHI

·         THE CHARACTERISTICS OF ORIENTAL NOTHINGNESS (東洋的無の性格)

·         On Chan Art (禅芸術の理解)

·         CHAN : Its Meaning For Mordan Civilization (禅−近代文明における禅の意義)           

·         Ultimate Crisis and Resurrection1 I : Sin and Death ; II : Redemption, (絶対危機と復活)  

·         True Sitting & the Fundamental Koan: A Discussion with Shin'ichi Hisamatsu,
(坐ということを中心に−平常道場論究)

·         On Mutually Going Into The Matter Of Self, (相互参究について)                          

最新のFAS協会関連の著作

·         『覚の参究』〈世界禅〉を生きる北原隆太郎(春秋社)2006/7

·         『人類の誓い』久松真一(法蔵館)2003/6 

 『久松真一著作集』からの一部収録

·         英訳『臨在録抄綱』久松真一(バルグレイヴ・マクミラン社) 2002/10 訳クリス・アイヴィス/常盤義伸 序柳田聖山 後記北原隆太郎

·         『覚と根本実在』−久松真一の出発点 石川博子(法蔵館) 2000